頭がいかれている人のBlog

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > その他 > ふぃぎゅあ

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.27 Mon ふぃぎゅあ

まず最初に、、、、、簿記3級合格しました!!!
一ヶ月も勉強期間無かったけど、合格できて本当に良かった

次は2級か・・・考えるだけでも頭が痛くなる



今日は、ふと考えてみた意味分からん事を書いてみたいと思う

それは「FPS論」っていう学問があったら面白いな~って講義中に思った事

こいつ何言ってんの馬鹿じゃねぇのwwwって笑うかもしれないけど割と本気

試しにGoogle検索してみたけど確かな物は出てきませんでした

FPSが流行らない日本、というかプロゲーマーとかが確立されていない日本では難しいかも知れませんが各ゲームタイトルの有名人などがこういう事を書けば結構面白いと思う

例えばCS1.6SAの大会で海外を経験しているKeNNy選手
彼はFPSというものをやるにあたってすごい考えを持っているに違いない

よく皆が有名人に聞く
「デバイスは何ですか」「センシはいくつですか」「キー設定はどんなですか」

とかではなく

「敵のこういう行動を見てどう思うか」「ラッシュをしかけるタイミング」「1on複数になった時の心境や行動」「こういう時退くか退かないか」「解除ポイントに入っての心境や行動」など、そういうことに着眼点を置いて力説するといったようなもの

FPSは奥が深いものだ
どんなにAimが良い人でも、相手の作戦にはまれば負ける
どんなに有利なポジションにいても、1つのミスで負ける可能性がある
どんなに有利な状況下でも、HE1つで負ける可能性はある

FPSは頭を使う
どんなにaim差があっても相手の逆をつけば勝てる可能性が生まれる
どんなに反射神経が遅くても相手の立ち回りをよんで、それがはまれば勝てる
どんなにヘルス差があっても設置をして解除中を狙えば格段に勝つ可能性は上がる


FPSはリアル系、スポーツ系に分かれており、そういった事でも変わるだろう
人によって「これは重要」と言う人もいれば「そうでもない」と言う人もいるだろう

言ってしまえば人それぞれ、だから面白いと思う

と偉そうにグダグダと書いてみた、今日おしまい

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。